編集ダイアリー

駿河竹千筋細工の職人さん

2009年02月17日

駿河千筋細工の伝統工芸士・黒田英一さんを静岡市の工房にお訪ねした。古来、日本人は竹の持つ性質を見事に生かし、さまざまな形で暮らしの中に取り入れてきた。風にざわめく竹林の自然景観も趣があるが、人の手によって繊細な細工が施された工芸品もまた独特な風情を醸し出している。駿河竹千筋細工の歴史は江戸時代初期に遡り、将軍職を退き駿府城に入城した徳川家康が、鷹狩りのための餌箱を当地の竹で作らせたことが始まりと言われている。細い竹籤を編んで作る美しい作品はまさに匠の技である。
黒田さんは長年の功績が認められて瑞宝単光章を受章してもいる。日本の財産とも言える。決して広くない工房で作業をしながら静かに語る黒田さんからは職人の年輪が感じられる。
この取材の度に感じることだが、この技をぜひ時代に繋いでほしいと切に感じる。

090217_%E9%A7%BF%E6%B2%B31.jpg
090217_%E9%A7%BF%E6%B2%B32.jpg 090217_%E9%A7%BF%E6%B2%B33.jpg

NEWENTRY

ARCHIVE

BLOGS

CONTACT

株式会社セブンオークス・パブリシング

セブンオークスへのお問い合わせを受け付けております。
メール:hachi@7oaks.co.jp
住所:〒134-0081 東京都江戸川区北葛西2-10-8map
Phone:03-3675-8390
Fax:03-3675-8380