Jazz Diary 杉田宏樹のジャズダイリー

セブンオークスのミュージックディレクターでもある音楽評論家・杉田宏樹氏のブログです。

杉田宏樹

音楽評論家。1960年東京生まれ。上智大学文学部英文学科卒業。90年より20年間「スイングジャーナル」ディスクレビューアーを務める。現在「JAZZ JAPAN」「JAZZ LIFE」「JAZZ PERSPECTIVE」「ファイナンシャルフィールド」のレギュラー執筆、トーク・イヴェント等、ジャズ関係の仕事を多角的に展開。著書は「ヨーロッパのJAZZレーベル」「ジャズと言えばピアノトリオ」など。ヨーロッパ各地のフェスティヴァルを毎年取材している。


※杉田さんへのメッセージはこちらから
hirokeith@hotmail.com

2020年06月01日 4月の出来事

2020年07月05日

05日:坂田尚子ソロ@ピットイン(cancelled)
10日:国府弘子@JZ Brat (cancelled)
11日:北川潔トリオ@ピットイン(cancelled)
16日:NodeNote@ピットイン(cancelled)
17日:カート・エリング@コットンクラブ(cancelled)
20日:ジョヴァンニ・ミラバッシ@コットンクラブ(cancelled)
22日:ビリー・コブハム@コットンクラブ(cancelled)

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、音楽業界にも甚大なダメージを与えた。プログラムをそのまま来年にスライドすることを発表したドイツ《jazzahead》等、対応を余儀なくされたのは、致し方ない出来事だった。日本では来日ミュージシャンの公演が中止になった当初の状況を見て、私は2011年の東日本大震災の時と似ていると感じたのだが、すぐに邦人ミュージシャンにも広がって、より深刻な現状を実感。次々と公演のキャンセルが明らかになった。上記リストは私が鑑賞を予定していたライヴで、実際には開催されなかったということで、時間が経つと記録も残らなくなる可能性があるため、ここに書き留めておこうと思った次第。
国府さんはキャリア初期に取材して以来の長年の関係。ミラバッシも数回の取材があり、この再会も楽しみにしていただけに残念だ。

Giovanni%20Mirabassi%202015.jpg

%E5%9B%BD%E5%BA%9C%E5%BC%98%E5%AD%90%2098-09-25.jpg

%E5%9B%BD%E5%BA%9C%E5%BC%98%E5%AD%902015.jpg

2020年04月05日  03月の出来事

2020年04月19日

13日:西山瞳NHORHM@ピットイン
17日:大西順子3@コットンクラブ

新型コロナウイルスが世界的に拡大している状況は、ジャズ界にも暗い影を落としている。予定されていた来日ミュージシャンが次々とキャンセルになり、さらに米国の国外渡航禁止が拍車をかけた。これは2011年の東日本大震災の時に、原発の影響を嫌った海外ミュージシャンが来日をキャンセルしたことと重なる。しかし今回は欧米でジャズ祭の休止が発表されているのが、より深刻だ。西山瞳のヘビメタ・プロジェクトは前回のピットインにもゲスト出演したMary’s BloodのSAKI(g)が、参加を見合わせる事態に。そこで急遽、西山とデュオ・ライヴの実績がある牧山純子(vln)が出演。同じタイミングで出る新作でギターを入れて、自身が電気ヴァイオリンを弾く新境地を開いたこともあって、初共演のNHORHMとも自然な形で親和性を聴かせてくれた。
 日本人とのバンドで出演した大西順子のライヴは久しぶり。ステージが進むにつれて目を見張ったのは、自分には初対面となった若手ドラマーの高橋直希。まだ10代の若さに似つかわしくないジャズ・センスを身につけていて、大西が抜擢したのも頷ける実力者と聴いた。大西は随所で説得力のある個性を発揮。当代邦人女性ピアニストのトップに位置することを確認できた。

hirokisugita.jpg

2020年03月01日  02月の出来事

01日:イェトゥルー・ルンデ@晴れたら空に豆まいて
05日:エルダー3@コットンクラブ
19日:類家心平インタヴュー@神田バンブルビースタジオ
26日:ニューヨーク・ヴォイセズ@コットンクラブ
27日:m.s.t.@モーション・ブルー・ヨコハマ
29日:守屋純子オーケストラ@渋谷さくらホール

新作『RS5pb』を発表する類家心平(tp)に、2013、2016年に続いてインタヴュー。ユニットの初期からウォッチ&サポートしているm.s.t.の公演に行ったところ、お客として来店した山下伶(hmcs)さんと相席に。終演後、バックステージでm.s.t.持山翔子とスリー・ショット。

P2191869.JPG

P2271874.JPG

2020年02月21日  01月の出来事

10日:クローム・ヒル@渋谷クラシックス
20日:山下伶@渋谷 living room café & dining
23日:アンサンブル・ルシリン@ルクセンブルク大公国大使館

ノルウェーのクローム・ヒルはメンバー2名が来日し、八木美知依(koto)+本田珠也(ds)と共演。昨年11月に『Eternal Ensembles』を発表した山下伶(hmca)が、記念コンサートを開催。ルクセンブルクを拠点に活動する現代音楽畑のアンサンブル・ルシリンが、ミニ・コンサートでジョン・ケージ、細川俊夫などの楽曲を演奏。

1%E6%9C%8810%E6%97%A5.JPG

1%E6%9C%8820%E6%97%A5.jpg

1%E6%9C%8823%E6%97%A5.JPG

2019年12月01日  11月の出来事

2020年01月15日

01日:山下伶 取材@ジャズジャパン
04日:アンナ・マリア・ヨペック@ブルーノート東京
07日:加藤訓子@サントリーホールブルーローズ
08日:秋吉敏子ソロ@東京文化会館小ホール
14日:Hokuo 2019@AP渋谷
16日:ティモ・ラッシー4@Weekend Garage Tokyo
24日:ボジョレの会@Café Takagi Klavier
26日:ウォルター・ラング3@B flat
28日:デヴィッド・サンボーン5@ブルーノート東京

面識はあったが仕事の機会はなかったクロマチックハーモニカ奏者の山下に初インタヴュー。独自の世界観で観客を魅了したアンナ・マリア。毎年恒例のビジネス・ミーティング“Hokuo”で、フィンランドのラッシー(ts)と談笑。

PB011830.JPG

PB041831.JPG

PB141834.JPG

2019年11月10日  10月の出来事

02日: Denny Stilwell取材@キングレコード、イザベラ・ラングレン@
コットンクラブ
04日:ゴードン・グルディナ@渋谷クラシックス
07日:リムデン@ブルーノート東京
09日:リムデン取材@品川
14日:Sennheiser Sofia Brazzola氏ヒアリング@日本橋三井ホール
28日:西山瞳 NHORHM@ピットイン
29日:ケニー・バロン3@コットンクラブ
30日:日加修好90周年レセプション@カナダ大使館
31日:ケニー・バロン取材@コットンクラブ 

グラミー賞常連レーベルMack AvenueのStilwell社長にインタヴュー。イザベラとは3年ぶりの再会。旧知のブッゲ・ヴェッセルトフトの新プロジェクト、リムデンの3人にインタヴュー。ケニー・バロンのインタヴューは15年ぶりだった。

2%E6%97%A5-1.JPG

2%E6%97%A5-2.JPG

9%E6%97%A5.JPG

31%E6%97%A5.JPG

2019年09月12日  08月の出来事

2019年10月05日

01日:Ystad Sweden Jazz Festival Day 2
02日:Ystad Sweden Jazz Festival Day 3
03日:Ystad Sweden Jazz Festival Day 4
04日:Ystad Sweden Jazz Festival Day 5
19 日:ミシェル・レイス取材@Jazz Japan
20日:akikoトーク・イヴェント@日本橋Bang & Olufsen
28日:ディーン・ブラウン3@コットンクラブ
30日:ジョン・ビーズリー@コットンクラブ
31日:東京JAZZ

今年で3年連続の取材となった《YSJF》では、多くの出会いと感動を体験。マチェイ・オバラ4で急代行したマッツ・アイラートセン(b)と再会。トリオで出演したラーシュ・ヤンソン(p)とは終演後に会って、「ステージから君が見えていたよ」。2年前にこのフェスで知り合ったニコール・ヨハントゲン(as)はソロ・パフォーマンスで観客を魅了。ルクセンブルクのミシェル・レイス(p)に新作『Short Stories』についてインタヴューした。

P8021772.JPG

P8041774.JPG

P8041781.JPG

P8191787.JPG

2019年08月09日  07月の出来事

2019年08月10日

12日:ピーター・ホワイト@コットンクラブ
31日:《Ystad Sweden Jazz Festival》Day 1

ホワイトは『Groovin’』(2016年)からビートルズ、スティーヴィー・ワンダー等を選曲。一昨年、昨年に続き3年連続で、ヤン・ラングレン(p)が芸術監督を務めるジャズ祭を取材。初日はペーター・アスプルンド&XLビッグ・バンド、ファンク・オフ、4ホイール・ドライヴ、トルド・グスタフセン3等。

1_20190810.JPG

2_20190810.JPG

3_20190810.JPG

4_20190810.JPG

2019年07月01日  06月の出来事

2019年07月07日

12日:『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』試写会@渋谷ユーロライブ
22日:松居慶子@ブルーノート東京
23日:大隅寿男@JZ Brat
25日:ウォルフガング・ハフナー取材、ノルウェー大使館レセプション
26日:ウケーニウス?ハフナー?クラジェンスキSuper Trio@コットンクラブ

9月に劇場公開される映画の試写会を鑑賞。新作の発表記念で帰国した松居は、MCから人柄の良さが伝わってきた。独ACTからの依頼でインタヴューしたハフナー(ds)は日本を愛するフレンドリーな男だった。

6%E6%9C%8812%E6%97%A5-2.jpg

6%E6%9C%8812%E6%97%A5.jpg

2019年06月02日 05月の出来事

13日:松岡直也“Memorial Live”@コットンクラブ
16日:野瀬栄進&小山彰太@ピットイン
17日:ヤコブ・ブロ3@コットンクラブ
18日:小曽根真&スコティッシュ・ナショナル・ジャズ・オーケストラ@東京文化会館
29日:ヴィジェイ・アイヤー3@コットンクラブ
31日:ブラッド・メルドー3@サントリーホール

5年前に逝去した松岡直也に所縁のあるミュージシャンによる、一夜限りの贅沢なステージは、超満員の盛況。小曽根&SNJO公演ではプログラムノートを寄稿。7年ぶりとなったブラッド・メルドー3の来日ホール・コンサートは、現代ピアノ・トリオの最高峰を実感させた。

Brad%20Mehldau.jpg

SNJO.jpg

%E6%9D%BE%E5%B2%A1%E7%9B%B4%E4%B9%9F.jpg

NEWENTRY

ARCHIVE

BLOGS

CONTACT

株式会社セブンオークス・パブリシング

セブンオークスへのお問い合わせを受け付けております。
メール:
hachi@7oaks.co.jp
住所:〒134-0081 東京都江戸川区北葛西2-10-8map
Phone:03-3675-8390
Fax:03-3675-8380