Jazz Diary 杉田宏樹のジャズダイリー

2013年10月10日  ガッドの流儀

2013年10月10日

 午後は井上銘インタビュー@ユニバーサル。現在ボストンのバークリー音楽大学に在学中の若手ギタリストに、新作などについて話を聞いた。この模様は12月発売の「Jazz Perspective」Vol.7に掲載。
スティーヴ・ガッド@ブルーノート東京。スタジオ録音の自己名義作としては25年ぶりとなる新作『ガッドの流儀』のレコーディング・メンバーで来日してくれた。同作はキース・ジャレットの「カントリー」「ザ・ワインドアップ」をカヴァーしたのが注目で、当夜はそれら2曲を演奏してくれて嬉しい。ちなみにガッドとキースは1945年生まれの同年齢。初日1stで超満員。世代を超えたガッド人気に驚く。1時間25分の大サービスだった。

NEWENTRY

ARCHIVE

BLOGS

CONTACT

株式会社セブンオークス・パブリシング

セブンオークスへのお問い合わせを受け付けております。
メール:hachi@7oaks.co.jp
住所:〒134-0081 東京都江戸川区北葛西2-10-8map
Phone:03-3675-8390
Fax:03-3675-8380