Jazz Diary 杉田宏樹のジャズダイリー

2013年10月04日  結成15周年のオシャレなユニット

2013年10月04日

 paris match@ビルボードライブ東京。実は外出中にiPodで最も聴いているのがこの男女ユニットだ。三人でスタートし、その後ミズノマリ(vo)と杉山洋介(key)の二人体制になって、現在まで10タイトルのオリジナル・アルバムをリリース。これほど長く続くとは、初期からのファンでも思っていなかった。今夜は「リクエスト・ツアー」と題して、ファンから寄せられたリクエストのランキングでプログラムを決めたという趣向。「眠れない悲しい夜なら」「Angel」「アルメリア ホテル」「風のうまれる場所で」「Stars」「太陽の接吻」「DESERT MOON」等、いい曲が多いのがparis matchの魅力だと改めて感じた。ミズノマリは透明感のある歌声のみならず、かつて名古屋でラジオ・パーソナリティをしていただけあってMCも上手。アンコールの「Saturday」まで、ファンであり続けてきたことの喜びをたっぷりと味わった。●山本一(sax)、堀秀彰(key)、樋口直彦(g)、坂本竜太(b)、濱田尚哉(ds)
 終演後、六本木から新宿へ移動して、ラーゲ・ルンド3@ピットイン 2nd setへ。ノルウェー出身でNYを拠点とするギタリスト。「あの娘の顔に慣れてきた」、「ピース」(ホレス・シルヴァー)を、スムーズでアイデア豊かなシングル・ノート&コード・ワークによるアドリブで聴かせた。アンコールは「センチになって」。●ラーゲ・ルンド(g)、オーランド・レ・フレミング(b)、ジャマイア・ウィリアムス(ds)

NEWENTRY

ARCHIVE

BLOGS

CONTACT

株式会社セブンオークス・パブリシング

セブンオークスへのお問い合わせを受け付けております。
メール:hachi@7oaks.co.jp
住所:〒134-0081 東京都江戸川区北葛西2-10-8map
Phone:03-3675-8390
Fax:03-3675-8380