Jazz Diary 杉田宏樹のジャズダイリー

2013年07月17日 モルデ・ジャズ祭3日目

2013年07月17日

●16:00:ESP@Storyville
 今春デビュー作を出したばかりの若手4tet。中心人物はモルデ生まれのEspen Bjarnar。Dan Peter Sundland(el-b)は楽器を縦に構えて、チェロの弓で弾くユニークなスタイルを見せた。鍵盤のArne Torvikはピアノとキーボードの両刀で、後者の場合はel-g+el-bと共にロック色も。
●18:00:Charles Lloyd Sangam@Bjornsonhuset
 来日公演がまだ実現していないだけに、今回のフェスティヴァルで楽しみにしていたプログラムのひとつ。ザキール・フセイン(tabla)+エリック・ハーランド(p)+ロイド(ds)の編成、ジェイソン・モランとアリシア・ホール・モランの飛び入りも見ものだった。
●20:00:テリエ・リピダル The Sound Of Dreams@Teatret Vart
 客席はスタンディング。リピダルのel-bから静かにスタート。これが前奏曲になると、古いポピュラー曲がラジオから流れる、という設定を提示して進行。最後は再びオールディーズが流れて静かに終わった60分の大作だった。
●22:00:Sakata-Nilssen-Love-Berthling@Storyville
 ピットインではお馴染みの坂田明&ポール・ニルセン=ラヴがノルウェーに登場。まず坂田の冗舌なアルトサックスが炸裂した1曲目で、おそらく初体験者がほとんどと思われる観客を驚かせた。坂田のヴォイス・パフォーマーのスキルもしっかりとアピール。
●24:00:Bushman’s Revenge@Teatret Vart Natt(客席はスタンディング)
 結成10周年になるノルウェーの新世代トリオ。登場するや観客から歓声が上がり、人気の高さがうかがえる。ロックを主体に、ジャズの即興も取り入れたサウンド。セミナーでソロ・パフォーマンスを行ったガード・ニルセン(ds)は、その時よりも大きいハードロック仕様の楽器で轟音を叩き出した。

2013_P1010849.JPG 2013_P1010862.JPG

2013_P1010871.JPG

NEWENTRY

ARCHIVE

BLOGS

CONTACT

株式会社セブンオークス・パブリシング

セブンオークスへのお問い合わせを受け付けております。
メール:hachi@7oaks.co.jp
住所:〒134-0081 東京都江戸川区北葛西2-10-8map
Phone:03-3675-8390
Fax:03-3675-8380