Jazz Diary 杉田宏樹のジャズダイリー

2013年07月16日 モルデ・ジャズ祭2日目

2013年07月16日

●16:00:Jason Moran & Andratx@Teatret Vart
 デンマーク+スェーデン+ノルウェーのトリオに、オスグッドの共演者マリア・ローレット・フリースとモランが加わったクインテット。静かに始まり、起伏のあるインプロヴィゼーション。ここでは元々あった北欧人ユニットの音楽性にモランが寄り添うことによって、化学反応が生じることが期待されたように思われ、結果的には異色のプロジェクトになった。
●20:00:Bill Frisell Big Sur Sextet@Teatret Vart
 新作『ビッグ・サー』のレコーディング・メンバー5名にヴァイオリン奏者が加わった、今回のヨーロッパ・ツアーのためのセクステット。同作は短い時間の曲多数の構成だったが、今夜の1曲目は40分にわたる長編で、繰り返しのフレーズが心地よさを生んだ。
●22:00:Phronesis@Storyville
 ストーリー性のあるヨーロピアン・タイプのピアノ・トリオ。e.s.t.からの影響が認められる。Ivo Neame(p)はかなりの速弾きでエネルギッシュ。爆音が大受け。
●24:00:Stian Westerhus&Pale Horses@Teatret Vart Natt
 今回は新生トリオのお披露目ライヴ。Oystein Moen(Pumaのb)、Erland Dahlen(ニルス・ペッター・モルヴェル3の同僚ds)によるサウンドは、ヘビー・メタルなもの。注目すべきはシュティアン自身がヴォーカルをとっていることで、女性と見紛う高音域歌唱は彼らのサウンドにマッチしていた。

2013_P1010806.JPG 2013_P1010819.JPG

NEWENTRY

ARCHIVE

BLOGS

CONTACT

株式会社セブンオークス・パブリシング

セブンオークスへのお問い合わせを受け付けております。
メール:hachi@7oaks.co.jp
住所:〒134-0081 東京都江戸川区北葛西2-10-8map
Phone:03-3675-8390
Fax:03-3675-8380