Jazz Diary 杉田宏樹のジャズダイリー

2013年01月17日  小ぶりの舞台で新境地

2013年01月17日

 数々の大舞台を経験している松たか子が、新国立劇場小劇場に出演。『音のいない世界で』を観た。子供向けを謳ったので親子連れや、作・演出の長塚圭史のファンと思しき女性客も散見される。たかちゃんは過去に長塚作の舞台に出演経験があるが、これほどの小スペースは初めてかもしれない。出演者も少数という空間の中で、一人三役、1時間半ほぼ出ずっぱりの芝居。ポータブル・レコード・プレイヤーを失い、取り戻す話。音盤が物語りのつなぎ役となった。舞台はレコード・プレイヤーを模して、回転する仕掛け。冒頭、レコードから流れてきた音楽は、古いピアノ・ヴァージョンの「Blue Skies」だった。このインティメイトな雰囲気と手作り感溢れるステージもいい。

NEWENTRY

ARCHIVE

BLOGS

CONTACT

株式会社セブンオークス・パブリシング

セブンオークスへのお問い合わせを受け付けております。
メール:hachi@7oaks.co.jp
住所:〒134-0081 東京都江戸川区北葛西2-10-8map
Phone:03-3675-8390
Fax:03-3675-8380