Hachi Diary ハチの散歩日記

ドッグラン設置署名活動へのご協力ありがとうございました

2010年08月28日

 皆様 ドッグラン設置の署名にご協力いただきましてありがとうございました。署名活動は8月13日〜8月21日の間行われましたが、この9日間で、総数で1,195名の方が署名に応じてくれました。予想を超える人数で、皆様のドッグランに対する大きな関心を改めて感じているところです。この署名簿と要望書を持って、8月24日にこの地域の公園管理をしている東京都公園協会大島小松川センターにお渡ししてきました。
 センター長と副センター長のお二方が対応してくれましたが、1,200名近い署名の数には驚いており、我々の要望にはお二人とも理解を示して、一緒にドッグラン作るために努力しましょう、というお話でした。
 ただ、そこにはドッグランを作る決定権はなく、次の段階として、東京都公園協会の統括本部(上野公園)へ行って同じ要望書を手渡して交渉ということになります。
センターとしてできることとして、トラブルの元になっているグラウンドの入口の「犬は入ってはダメ」とう看板を「犬の散歩はリードを付けること」という看板に変えることを約束してくれました。
 ただし、我々のほうも、ノーリードを自主規制をしなければなりません。
残念ながら公園協会への犬に対する苦情は大変多く、どんなに公園協会の方が愛犬会に理解を示していても、その方たちの苦情を無視できない状態にまで来ているとのことです。この方たちを納得させる意味でも、リードは必ず付けて遊んでほしいという強い要望でした。
ノーリードのまま遊ばせているとドッグランの実現も厳しいということです。ノーリードで遊ばせているということは、どんな理屈をつけても無理がありそうで、ドッグランの実現のために「リードを付けて遊ばせる」ということは、我々がどうしてもやらなければならないことのようです。皆様のご協力をお願いいたします。
 今後の交渉の経過は、このサイトでも随時お知らせいたします。

以下は東京都公園協会のほうへ持っていった要望書の文面です。
------------------------------------------------------------------------------
東京都公園協会様
 ご存じのように、近年、行船公園&宇喜田公園エリアに愛犬との散歩を楽しみに来られる方がたいへん多くなり、この地域でも「愛犬と共に暮らす」というライフスタイルが定着している様子が伺えます。
 ただ、この公園は、地域の皆様のいこいの場として、様々な方が利用するエリアでもあり、中には犬嫌いの方もいらっしゃって、現在も愛犬家の皆様との間に小さなトラブルが絶えません。愛犬家としては、公園をご利用される地域の皆様との共存が長年の懸案事項で、このようなトラブルをなくし、この公園エリアを利用するすべての皆様と共存しながら、愛犬と一緒に楽しく暮らしたいというのが、ほとんどの愛犬家の希望するところです。
 その解決策のひとつとして、「宇喜田公園地区へのドッグラン」の設置を愛犬家の皆様にご提案しましたところ、別紙のように1,195名という、こちらの想像を超える多くのご賛同を得ることができました。
 これら愛犬家を中心とした地域の皆様の希望をご理解いただき、「ドッグラン設置」を、今後の宇喜田公園整備計画案に組み入れていただくことを切に望みます。
-------------------------------------------------------------------------------
※こんなドッグランはいかがですか?
このパース図は、薬の福太郎と第一駐車場の横の公園(広場)を元にして作ったドッグラン完成予想図です。クラブハウス(ドッグカフェ)も併設してみました。
目標とするドッグランは緑豊かな、地域の犬と人間のためのコミュニティー広場です。

dogcafe-a-b.jpg

NEWENTRY

ARCHIVE

BLOGS

CONTACT

株式会社セブンオークス・パブリシング

セブンオークスへのお問い合わせを受け付けております。
メール:hachi@7oaks.co.jp
住所:〒134-0081 東京都江戸川区北葛西2-10-8map
Phone:03-3675-8390
Fax:03-3675-8380